過バライ金 債務解消サポーター

過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター過バライ金 債務解消サポーター

定期預金の選び方

長期の定期預金、いわゆる「スーパー定期」は、預入期間が長いものほど金利が高くなります。お金を預けるとき、有利な法則としてよく言われるのが「高金利のときは長期の固定金利で、低金利のときは短期で」ということです。

実際のところ、高金利の時に「最初に約束した金利が最期まで続く」ようになっている、固定金利の商品に長期で預けておけば、その後、世の中の金利が下がっても、高金利の利子が満期まで付くので有利です。逆に低金利のとき、長期の固定金利に預けてしまうと、低い金利のまま固定されてしまいます。短期の預入にして、金利が上がったら預け替えたほうが、受け取る利子を増やすことがきます。いわゆるバブル期のころに預け入れた定期預金がかなり金利がいいというのは、こういう長期金利の時に定期預金を預け入れた恩恵として残っているんです。

高金利とか低金利とか、理屈で考えればわかることなのですが、実際に定期預金をすると言えば、長期と短期のどちらを選ぶか迷うもの。誰だって将来の金利が上がるか下がるかを予測するのは、意外と難しいからです。ですから、自分の資産を明確に「3年後の子どもの進学資金」など、近い将来に使うことが決まっているなら、おのずと3年以内で期間を選ぶことになります。そうではない場合、だいたい10年以上先に使う資金や使う時期が確定していない資金、余裕資金などは、スーパー定期で預けるとよいでしょう。例えば老後資金などは何十年預けてもよいですから、タンス預金にするよりまし、と考えてスーパー定期を設定してはいかがでしょうか。

『お得トピック発信局』へようこそ。本ページでは私が気になる話題やオススメのお役立ち情報などを掲載して行く予定です。